かわかみ建築設計室

コンセプト

主役はお客様です。

私たちは、信州の建築を知り尽くしたプロフェッショナルです。
これまでに300件を超える新築物件、100件を超える民家再生を手がけてきました。
緊密なコミュニケーションとやりとりを重ね、お客様の固有の価値の最大化することに努めます。
私たちは、設計した建物を自分たちの『作品』とは思っていません。
お客様の豊かな将来へのビジョンを常に共有しながら、設計を進めていきます。

夢を共有することがよい建築への
最短距離です。

100人いれば100通りの暮らし方があります。
100の敷地があれば、100通りの風の流れや隣地の景色があり、かかる法律も異なります。
それらをとにかく観察し、整理し、複雑な条件を紐解くことからはじめていきます。

民家再生ではとりわけノウハウが必要となります。
図面だけを書いても、そこには、図面には落としきれない膨大な情報が眠っています。
設計のお打ち合わせではできるだけご家族の皆様、関係者に出席をいただき、
職人や庭の専門家、設備・構造設計者の意見も取り入れつつ、
お客様にとっての最適解を探していきます。

普通だけど美しい、
地域の「カタチ」を考えています。

建築にあるけれど大量生産の工業製品にはない、建築と工業製品の最も違うところです。グローバル化や建築の工業化によって、地域の建築は失われ、似たような風景が連続する社会になってしまいました。
でも、人は旅をします。なぜでしょうか。
どんなに社会が均質になっても、人は固有性を欲するのだと思います。その固有性のもとになるのが、自然であり、地域の風土や文化であり、その土地の建築です。
われわれには、地域性を未来につなげる責任があると考えています。
普通だけど美しく、普通だけどあたらしい。風景の一部として当たり前に馴染んでいる、あるべきかたちを目指します。

『手仕事』に徹します。

人生で一番高価な買い物です。誰しも長持ちしてほしいと願います。でも、どんなに耐震性があって断熱性がよくても、愛着を持ってもらえなければ簡単に壊され建て替えられてしまうでしょう。一方で、建築もほかの工業製品と同様に、早く安く大量生産でつくってしまうことも可能です。でも、苦労して悩んで、思いを込めて丁寧につくり上げたものほど、愛着を持って、お子さん、お孫さんと次の世代まで受け継がれると信じています。
わたしたちは、予算にもよりますができるだけ手仕事をおすすめしています。木材の加工はプレカット(工場加工)でなく、腕のいい職人の手刻みで。そしてその技が最大限に生きる真壁を標準としています。
職人はもちろん、われわれ設計者にも経験とノウハウが求められますが、愛着を持ってもらえるのなら、われわれも手間を惜しみません。

価格と性能は
「適正でほどほど」につとめます。

耐久性、耐震性、省エネ、断熱性…。
大きな災害を経験し、地球環境の問題も叫ばれて久しく、もはや満たして当たり前のものです。予算が無限大にあれば、いくらでもスペックを上げることは可能ですが、限られた予算の中で、最大限の価値を生み出すのがわれわれプロフェッショナルのノウハウなのです。
たとえば断熱。断熱性能が非常に大きなものを採用すれば、確かに真冬は暖かくなります。しかし材料費はもちろんのこと、断熱材とそれ以外の境界面の温度差がますます大きくなって結露の原因となるため、結露を抑えるための材料や手間代など、さらに費用が生じることになります。
私たちは豊富な経験と知識に基づいて、予算や耐久性、快適性とのバランスを常に意識しながら、適正でほどほどの性能を確保することに努めていきます。

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top