かわかみ建築設計室

ブログ

65回目の師走

ついこの間、新年になったと思ったら今年もあと僅かとなってしまった。
この時期、喪中のハガキや新しいカレンダーがたくさん届く。
お世話になった方々を思い浮かべる…。

我に帰ると、お歳暮・年賀状・請求書と引き換えにボーナスや給料の段取り、そして忘年会と新年会の手配や来年の計画…、などなどが一斉に押し寄せる。いつもの様に嫌な師走である。

思った様に頭も体も動かなくなった。いつの間にか年上の立場であてにされて、家でも田舎でもいつの間にか仕事以外でもやらなくてはいけないコトが増えた。今までの様に勝手にモノが言えない。そんな歳を感じる…。

然し誰でも通ってきた道だと思えば、やっと一人前の老人の入口に立ったとも言える。

上を見ればきりが無い、下を見てもきりが無い。
老境とはこういうことなのかと思えばやっとそうなって来たのかとも思う。

兎に角、誰でもがやって来た道だ。
今やらなくてはいけないコトを一つずつこなしてやっていくしかない、と肝に命じる。

北朝鮮やトランプの言動には呆れて世紀末の様相である。
とんでもない時代に生きているわけだが、ここは仕事を通して死ぬまで人々の幸せを求める覚悟で毎日を過ごすしか無い。

後何年生きるかは知よしも無いが、寿命の尽きるまで前向きに楽しくやろうと思う65回目の師走である。

新年になったらいつもの年の様に、また厄除けと幸福を願ってお詣りから始めよう。

 

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top