かわかみ建築設計室

ブログ

巷のカモフラージュ

立春とは言え寒さが堪える。
それでもあちこち出かけなくてはいけないが、何とも感心するものに出くわす。

郊外にある遊技場の立駐の近くに家並みの綺麗な集落が?。

実は立駐のフェンスをペンキで三角に塗りわけただけ。
振り返ると梓川越しに安曇野が広がり、
遠くに北アルプスの山並みが連なっている。

またロードサイドの焼肉屋さんが木陰の中に建っている?。

ではなくて塀に隙間を空けたり、
枝を垂れ下げて葉陰をペンキで描いてあるだけ。

また松本城のお堀の柵がシラカバと栗で素朴に出来ている。

そう言えば40年ほど前からそのままだ。擬木の出来がいい。
古くなって苔が着いたり汚れたりでホンモノに見える。

小林秀雄の『人が自然を模倣する。から、自然が人を模倣する。』
の言葉が思い出された。

お金がなくてもここまではやらなくてはと気合が入った。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top