かわかみ建築設計室

ブログ

今年もインターンシップの学生が

建築の大学院生が夏休みに1週間だけ訪ねてきた。
簡易宿舎に泊まって設計事務所の仕事を学びたいというものだ。
期間が短いので雰囲気しか伝えられないが意欲があっていい。

先ず設計という仕事の目的とその手段の違いのうんちくを話す。
次に生きた「線」と「文字」を描く。それから室内パースをやって見る。



デスクワークだけが仕事ではないため土蔵再生の現場を見に行く。



また事務所でスケッチを続ける。
かなり大変な仕事だと気付いたようだ。今後の就職のことも。
こういう若者は貴重だ。

何とかこの国のために建築を通して活躍して貰いたいものだ。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top