かわかみ建築設計室

ブログ

さんげんしゅぎ

30年程前、山梨県の山村の民家再生のお手伝いをしたが、
今回は隣の民家も再生する相談を受け着工間近まできた。

家造りではその都度、老弱男女を問わず全ての施主の人生観や
価値観の本音に触れる事ができ、その出会いに感謝である。

施主さんは同じ年の技術マンで勤め上げ退職をされ、
地元の区長や寺総代などの役をこなしている熟年である。
会社では貴重な実績を上げ社会に貢献され、
技術立国日本を支えたパイオニアであり、その生き様が眩しい。

打ち合わせの中で「サンゲンシュギ」と話された。
現場・現物・現実の「3現」を直視し、その上で事に当たれという戒めである。
重い言葉であった。
デザインや納まり、工費や工程など、
全くこの仕事にそのまま言えることであった。

改めて初心に帰り、設計は「手で考え・足で思う」と思わされた。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top