かわかみ建築設計室

ブログ

かつて再生したその隣の民家再生を

35年前、山梨県の甲斐駒ケ岳の裾野に広がっている
集落の民家の再生のお手伝いをした。
当時は未熟でお施主さんにかなり迷惑をかけたが、
それを大切に使われ、子育ても終え、退職をしてから村の区長や寺総代など、
地区の要職を務めていた。

まさに田舎暮らしの理想の人生を垣間見た様で、
この仕事のやり甲斐を再認識している。

数年前には、水周りや断熱化などのまさに『再生の再生』のお手伝いをした。

勝手ながら嫁に出した可愛い娘の労苦を感じ、温泉に連れて行って
疲れを取ってあげた様な気分であった。

距離は少し遠いが世代も環境も似ていて同感することが多くて
長い付き合いとなっている。
出会いに感謝である。

今後は余生を安泰に過ごせばいいはずなのに、
突然親しくお付き合いをしていたお隣の民家が空き家となり
今後の相談を受けたのだ。

一代で大きな民家を再生して維持することでさえ大事業なのにその上にである。生まれ育った故郷を何とかしたいとの想いだけであろう。
都会から嫁に来て一緒に暮らしている奥さんもすごい!。

この際はと家族や親族会議をして深刻な話し合いの末、
何とか協力が得られそうにはなったようだがそう簡単にはいかない…。

見れば大きな平屋のいい民家で、屋敷構えも見事であるが、
お金の工面と使い道をこれから考えるのである。
物心共に大変なことである。

設計は当然であるが、それを超えて及ばずながら精一杯背中を押したい。

先ずはご先祖が植えた山の木を使おうと一緒に山に入った。

昔は当然の方策であるが今ではごく稀である。

とにかく全てはこれからである。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top