かわかみ建築設計室

ブログ

被災地を訪ねて

先日、設計仲間と東日本大震災の復興の視察へ宮城に出かけた。
車で7時間、遠い…。

昔の仲間が沢山の資料を準備してくれ、雨の中、熱心に各地を案内してくれた。

「みんなの家」や木造住宅団地やビルの他、大規模に造成された防潮堤とセイダカアワダチソウの平原、被災した小学校を視察…そして住民のお話。
着実に復興は進んでいる。

様々な現状に納得するが同時に疑問も。


そこには普段の生活が無く、引き裂かれたような暮らしの姿があった。

一体、主人公は誰なのか、国の大きなお金を使ってこれでいいのかと。
災害を克服しようとしているだけで、海に暮らす人のためになっているのかと…。
山で暮らす者の余計なお世話かもしれない。

次の日、信州に辿り着いたのは夜中の0時をまわっていた。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top