かわかみ建築設計室

ブログ

茅野市C邸民家 付属建物解体

茅野市のC邸では、主屋と蔵を活かすため、付属建物を解体することにしました。

長野県松本市のかわかみ建築設計室の川上恵一が設計する古民家再生の現場

付属建物解体前

長野県松本市のかわかみ建築設計室の川上恵一が設計する古民家再生の解体現場

付属建物解体後

雰囲気もガラッと良くなって、建築が空間に与える影響について改めて考えさせられました。

蔵の傷みは当初の想定よりも少なく、簡単な補修をすることで再度使えることがわかりました。

これから中庭の樹木の剪定と伐採も行われる予定です。

明るく風通しのよい庭になっていくことでしょう。

石田

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top