かわかみ建築設計室

ブログ

民家「再生の再生」in 高遠

30年前の降幡設計時代、高遠で民家再生の仕事のお手伝いをした。
お施主さんは
高校の一年先輩で、故郷で親の家業を継いでいる。

親と同居して子育ても終え、少しゆとりができたので残された自分たちの暮らしをしたいとの相談であった。私も同じ様な境遇なのでことさら力が入ったが、当時はまだ未熟なのと情報不足で、色々と不都合を押し付けてしまった。

もとの建物は近代和風建築と思える昭和初期の素晴らしい木造住宅で、前回はそれを再生したのだが、今回はこれを中心に減築し、あわせて離れを増築してさらに健全で快適にすることとなった。

いわば「再生の再生」である。

しかし、方針は決まって設計はできても、工事となると別の大変さがある。
やってくれる工務店がない、時間がかかる、住みながらの煩わしさも…
それでも全てを解決して着工から約一年、ようやく完成まで漕ぎ着けた。

この日は竣工検査と内部の引渡し。
以前の玄関をそのまま残したが、天井の大引にカビが残っていた。
ふきとったら綺麗になった。

担当の所員が急いでデジカメに撮ってくれた。
とりあえず内部は引き渡せた。あとはカーポートや庭などである。

家と庭で初めて「家庭」が出来る。
あと一息だ。

川上

長野県伊那市高遠町の民家再生の現場

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top