かわかみ建築設計室

ブログ

松本市の教会 アーチと金物

松本市の教会では、先日検討していたアーチが形になってきました。

アーチ制作中の現場では、棟梁が合板に自作の道具で
下書きをしてから丸ノコで切断する作業を行っていました。

微妙なカーブを希望通りに形にしてくれる大工さんの
仕事の正確さや繊細さは本当に素晴らしいです。

 

また、礼拝堂の合掌梁部分には金物が取り付けられました。

目視できない部分にも金物があるのですが
見える部分の金物は鉄細工の職人さんに手作りしていただきました。

柱・梁などの木部は、明るい色で塗装するので、
黒い金物があることで空間が引き締まります。

 

職人さんの熟練された手仕事によって
建築がつくられていくことを日々実感しています。

菅原

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top