かわかみ建築設計室

ブログ

平出の民家

所長の川上の自宅からほど近い場所で、民家の再生工事が始まっています。

塩尻市の平出という集落で、現在も本棟の民家が多く建ち並んでいますが
工事を行う民家はその中でも特に古く、江戸時代末期頃に建てられたそうです。


古い年代の建物ということもあり、
全体が低く抑えられていて落ち着いた印象ですが
雀踊りは堂々とした形と大きさで特徴的です。もちろん再利用します。

玄関前の縁石も、掘り返してみると他の現場では見たことがないほど
立派なものが使われていました。

再利用を予定している正面部分だけでは余ってしまうので、
急遽正面以外の犬走りの縁石としても使うことになりました。嬉しい限りです!

ご先祖様が大切にしてきたものを、今の暮らしに合わせながらも
引き継いでいけることが民家再生の良さなんだなと、改めて実感しました。

菅原










建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top