かわかみ建築設計室

ブログ

富士見「大軒造り」の民家再生

民家は地方の証明書といわれる。
その地域では一様に当たり前の造りをしているが
他地域から観ると独特な形で新鮮に映る。
調べてみれば、地域での暮らしの中で、自然条件と社会条件によって当然の様に出来上がった貴重な宝だと解る。

今回も富士見町で
深い軒先や庇が独特の大軒造りの民家再生をお手伝いした。

築120年程で基礎や屋根にヨロビや隙間があり、かなり傷んでいた。簡単な仕事ではない。
外観はそのままに、親子2世代が一つ屋根の下に、広々として明るく暖かく使い易い快適な住まいをと希望された。

お施主さんや設計は勿論であるが工務店の職人さん皆が一つになって出来上がったものを見て安心した。
自分で言うのもどうかと思うがいい感じに仕上った。
民家と共に豊かな暮らしが続きますようにと願う。

川上

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top