かわかみ建築設計室

ブログ

安曇野市W邸 小屋仮組み作業

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

何をやっているところか、お分かりになるでしょうか?

W邸では、もともとあった養蚕農家を生きバラシ・再生しているのですが、

こちらは「仮組み」という作業です。

もともとの小屋組を、痛んでいない部分はなるべく生かして組み直すのですが、

もともと曲がった丸太梁を使っている上、一度解体したことで木がまた暴れており、試しに組んでみないことには束や接合部分がどうなるかわからないのです。

経験のある大工さんでも、とても苦労する作業です。

角材のみやプレハブの家が多い現在ではめったに見られない作業なので、私自身ワクワクしながら見学しています。

冒頭の写真は、12月12日のもの。今日覗きにいってみると、年内にはなんとか組み終わりそうな所まできており、ほっとしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月20日の様子。妻が片側組み終わりました

 

12月25日。残るは腰屋根と母屋

 

12月25日

12月25日

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梁の芯をとる作業

 

その場で束を加工していきます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top