かわかみ建築設計室

ブログ

茅野の民家 上棟

少し前のことですが、茅野の民家は解体ののち、傷んでいる部分を一部入れ替えて、上棟式が執り行われました。

当日はとてもよい天気に恵まれ、住まわれるご家族の、明るい未来を表しているかのようでした。

盛りだくさんのお供え物と、その場にいる全員の切実な完成への祈りと共に、厳かに上棟式が進んでいきます。

上棟式の中には、「槌打ちの儀」というものがあります。

川上の掛け声のあと、棟梁が建物を木槌で打ち固めていきます。

棟梁の力強い槌打ちから意気込みが伝わってきて、鳥肌が立つほどの迫力でした!

その後は、お餅を四方にまいて、皆ほっとした顔で建物を下りました。

ここから工事は、内部の造作へと進んでいきます。

石田

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top