かわかみ建築設計室

ブログ

茅野の民家 仕上げ

茅野の民家では内部造作の後、木部塗装や左官工事を行いました。

既存のまま活かす部屋は、木部を清掃して保護塗料を塗り、壁は下地を調整したのち上塗りを行いました。

上座敷再生前

上座敷再生後

上座敷は、無くなっていた床脇の天袋の襖を新設しました。上座敷を増築した頃に流行していた床の間の色は、落ち着いた色に直しました。

下座敷再生前

下座敷再生後

下座敷でも同様に、地袋の襖を新設しました。床柱のゆがみは、この家の歴史としてそのまま残すことになりました。

茶の間再生前

茶の間再生後

くたびれてしまっていた和室が、上品で優しい部屋になって、まるで生き返ったように見えました。

石田

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top