かわかみ建築設計室

ブログ

焼椹の外壁取り付け

富士見町の別荘地では、先日焼き加工を行った椹(サワラ)が、外壁材として建物に張られました。

焦げ茶色に焼け残った部分が、焼椹の黒と既存建物の茶色を、うまく馴染ませてくれています。

足場が外れて木が生い茂った頃には、黒と緑のみずみずしいコントラストを見せてくれるはずです。

石田

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top