かわかみ建築設計室

ブログ

お寺の改修 本堂床板撤去

塩尻市の西福寺では、本堂の床組みの解体が始まりました。

畳を上げて荒板を外すと強いカビのにおいと共に、何とも立派な大引きが現れました。

材料の断面寸法が見慣れた住宅のものより大きくて、ちょうど根太は大引きのように、大引きが梁のように思えてきます。

この後、長年の悩みだった湿気やシロアリの問題を解決すべく、部分的に鋤土して床下空間を広くする計画です。

石田

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top