かわかみ建築設計室

建築事例

松本市T邸 民家再生
武家屋敷の風格。本棟造りの再生
【民家再生】
幕末に松本藩の武士の本棟造りを払い下げ移築したもので築200年は経つ本棟造りの再生です。
内外のバランスも良く気品と風格が漂っていました、風雪に耐えた民家は痛みもひどく、2011年の松本地震で被害を受け根本的に手を入れることになりました。全面解体して地盤をあげ、道路からセットバックさせて敷地のバランスをとっています。
外観や接客スペースの風格、古い木道具は生かしながらリビングや水回りを大改修しました。昔と変わらぬ本棟造りが健やかに蘇っています。
所在地:
長野県松本市
竣工:
2012年
施工:
山共建設
松本市T邸 民家再生
建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top