かわかみ建築設計室

ブログ

降幡廣信さんの米寿のお祝い

s-_DSC5404

我が恩師、降幡廣信氏が今年88歳の米寿を迎えられ、去る6月17日、今までの設計事務所の仲間でお祝いをした。

会費も少なく手弁当なので、色々と不手際は承知の上での席となった。
先生が設計事務所を初めて55年、所員はOB・OGと現役合わせてなんと80名。手掛けた仕事は住宅を中心に1500件以上、そのうち民家再生は400件以上!

そして今なお現役で日本中を飛び回っている。驚異的なことである。

お祝いの席には全国各地から約40人が駆けつけてくれた。
都合で来られなかった人も含め50以上の仲間の声が届いたので、それを文集にして渡した。すると先生もお返しにと後日全員に色紙をしたためて渡すとのこと。それも自分で墨を磨って、筆を替えて、それぞれの部下のことを思い出しながら。
いやはや有難くも畏れ多いことである。

当日は先生のご講演と、先生と宮澤郁夫棟梁との対談も企画した。
「再生の扉を開いて」と「ものづくりの心と技」である。
生涯現役を貫くことと、この国の建築のあり方をしっかり見極め、この目標を継続するために次の世代に託すとのお話だった。重く有難い言葉をみな受け止めたようだ。

65歳となった私は、36年前、何も知らずただ木の勉強をしようと門を叩いたのだが、先生に会えて自分の行くべき道を開いていただいて本当に幸運だった。お会いしていなければただ訳もわからず設計デザインの格好良さだけを追いかけて、確信も持てず彷徨っていただろう。

二次会の席には15人程が集まったが同じ思いの酒の席だった。

川上

s-_DSC5498

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top