かわかみ建築設計室

ブログ

学有林敷地の整備

わが故郷の小学校には70年前から学有林があり、動植物の自然観察や下草刈り、スケート場として利用してきた伝統がある。

近頃では草や雑木で荒れ放題となっていたが、そこに立つと55年前の小学校時代の記憶がよみがえってくる。

なんとかしなくては!と公民館で呼びかけて集まった仲間は、ほとんどがかつてのガキ大将で思い出話に花が咲いた。

相談の末「どんぐりプロジェクト」と銘打って、どんぐり林と水芭蕉を復活させようということになった。

かわかみ建築設計室代表の川上恵一の故郷のどんぐりプロジェクト

 

 

この日は快晴で寒い。今年2回目の整備でカラマツの大木を切り倒すというもの。一人だけプロの樵がいて段取りを始めたが、

他の70才前後のおじさんたちはみなそれなりの支度で集まり、それぞれがどんどんと勝手に片づけにかかる。

火を焚く者、枝をチェーンソーで打つ者、運ぶ者、手伝う者・・・大木の根元に矢が入っていよいよ倒す時は皆で引き倒した。

連携や要領はよくても30分やって15分腰かけて休むというルーチーンである。

無理はしない、というより出来ない。

夕方3時には予定通り7本のカラマツはなんとか片付いた。

かわかみ建築設計室代表の川上恵一がカラマツを切り倒す

 

明日というより明後日の自分の身体が怖い。筋肉痛は2日後に出る歳になった・・。

建築・まちづくりに関するお悩み、ご相談はこちらまで
TEL0263-33-8200
go top